スカンジナビア バターナイフ NEW 0-16008-000 イージャパンモール 270円 スカンジナビア バターナイフ 0-16008-000【イージャパンモール】 キッチン用品・食器・調理器具 保存容器・調味料入れ その他 /deobstruent755071.html,キッチン用品・食器・調理器具 , 保存容器・調味料入れ , その他,www.rakuyu.kyoto,0-16008-000【イージャパンモール】,スカンジナビア,バターナイフ,270円 /deobstruent755071.html,キッチン用品・食器・調理器具 , 保存容器・調味料入れ , その他,www.rakuyu.kyoto,0-16008-000【イージャパンモール】,スカンジナビア,バターナイフ,270円 スカンジナビア バターナイフ NEW 0-16008-000 イージャパンモール 270円 スカンジナビア バターナイフ 0-16008-000【イージャパンモール】 キッチン用品・食器・調理器具 保存容器・調味料入れ その他

超激安 スカンジナビア バターナイフ NEW 0-16008-000 イージャパンモール

スカンジナビア バターナイフ 0-16008-000【イージャパンモール】

270円

スカンジナビア バターナイフ 0-16008-000【イージャパンモール】





【イージャパンモール】【キャンセル・返品・交換不可】
必ず2通目のメールをご確認ください。

※本商品は熨斗・包装(ラッピング)はお承り出来ない商品となります。


※商品はご注文(ご決済)後、7-10営業日後で発送(土・日・祝日除く)となります。

※配送業者と契約がないため、送付先が北海道・沖縄の場合キャンセルとさせていただきます。

※発送予定日は、在庫がある場合の予定日となります。
※在庫がない場合には、キャンセルとさせて頂きます。
※納期が遅れます場合には改めてご連絡させて頂きます。





日常使用する食器として使いやすい機能性を持ち、サイズや重さも日本人の手にぴったりです。
シンプルな形は和風の食卓にもマッチします。


●サイズ(mm):142

●材質:18-10ステンレス/ミラー仕上

●原産国:日本(新潟県燕市)

【広告文責】
株式会社イージャパンアンドカンパニーズ
072-875-6666

《ご注意ください》
※本商品はキャンセル・返品・交換不可の商品です。
 場合によっては上記お日にちよりもお届けまでにお時間をいただく場合がございます。
※商品の性質上、返品・交換・キャンセルはお受けできません。
 不良品、内容相違、破損、損傷の場合は良品と交換いたします。
 但し、商品到着から3日以内にご連絡をいただけない場合、交換いたしかねますのでご注意ください。
※のし、包装などギフトの対応は、申し訳ございませんがお受けできませんのでご注意ください。
※商品がリニューアルしている場合、リニューアル後の商品にてお届けとなる場合がございます。

スカンジナビア バターナイフ 0-16008-000【イージャパンモール】

美術館で見るアートもいいですが、日常的に家で触れたい。
そういう気持ちで時々強烈に欲しいものに巡り合った時は作品を購入します。

私が特に好きなのは3Dのユニークピース(1点もの)で、
思わずクスっと笑ってしまうようなものや、
ちょっと面白いようなものです。

今までも、金魚絵師の深堀隆介氏
溶ける林檎彫刻(そういう肩書ではないですが)の雨宮庸介氏
ファッショングラフィックアーティストのソン・ウォン・フォン氏
ぬいぐるみアーティストの北村隆介氏

の作品を購入しました。
どれも、面白くてハッとするような作品ばかりなのですが
できる限り、事前にご本人とコンタクトをとるようにしています。
できれば、個展などで在廊されているときにお伺いしてインタビュー。
それができない場合はメールでお話させていただきます。

なんというか、どういうコンセプトで作られているとか、
どういう気持ちで作品と向き合っているかということを
聞けたら、作品の魅力が高まるじゃないですか。

有名作家だから、とか投資の意味合いで、という買い方をするのではなく
琴線に触れたものを生み出した方とのお話の中に共感を得たいというわけです。

そういうわけで、銀座蔦屋に急いで向かいます。



プリンアラモードの作品はありませんでしたが
カスタードプリンの作品がありました。
カスタード部分が見えるわけではないのに、絶対に色が分かりますね。



クリームソーダの作品。
「不純喫茶ドープ」と書かれたグラスが可愛いです。
そういうところがドープな感じです!
色は3色あるのもいい!たまにありますよね。赤いソーダ。
グレナデンシロップが入ってるんですかね?



こちらは京都の「ソワレ」のゼリーポンチ。
ゼリーポンチの存在は知っていましたが、この時点でまだ食べたことがなかったので
東京から戻って数日後にちょうど京都で用事があったので、ソワレにも行きました。



喫茶店のホットケーキ。
段になっていて、バターの塊が乗っていて、シロップをかけて食べる、
あのスタイルが私の中では王道のホットケーキです。

作品に見入っていると、視線を感じたので振り返ると
アーティストのひらのまりさんが!!!

第一印象、ほっそ!!そして可愛い!

話してみると気さくな方で、なぜこのモチーフを選んだのか、
食品サンプルに持つワクワク感、
パンケーキではなくどっしりとしたホットケーキが好き、
ということから、アートが投資として扱われることへの思い、
とはいえ、作品への手間や愛情から生まれる価値を
分かってほしいという気持ちとのジレンマ…
もうね、「話が弾む」とはこういうこと、
と思わずにはいられませんでした。

すっかりテンションが上がり閉店間際の在廊最終日に1時間半も話してしまい、
もしかしたら迷惑だったかも…と今となっては思いますが
作品に対する思い入れをはじめ、強い共感を感じることができる美女でした。

ちなみに一緒に写真も撮ってもらいましたが、最近撮った写真といえば、
ソメイティと撮ったものぐらいしかなかったので、
自分の大きさを把握する感覚が狂っていたのでは、と思えるほど
「遠近法ですかね?」と思わずにはいられない差がありました。
ブログに載せたら笑われるかもしれないので(今さらですが)
仲良しな人には個別に見せてあげますね。
お気軽にお申しつけください。

ソメイティ基準で言うと、ソメイティの幅の2/3ぐらいが私で
ひらのさんはソメイティの幅の1/4ぐらいというイメージです。

オーダーしたいという話をしている途中から
ほぼ心が決まりかけていたホットケーキにするべきか、
プリンアラモードにするべきか、
はたまたゼリーポンチにするべきか。
頭の中で堂々巡りが始まりました。
あれから、未だに決定していませんがあと数日後には正式にオーダーしたい。
なぜなら、お誕生日の記念として買いたいから。
ワタクシは1月がお誕生日なのです。

アーティストの思いが詰まった作品を購入するのは
自分の感性に幅が広がるという気がして、素敵な女性になれそうな気がします。
気がする、ていうだけでも効果がありそうです。

周りに流されることなく、良いと思ったものを躊躇することなく選んで、
どんな場面でも自分の考えに堂々としていたいですね。
そういう女性がカッコいいと思うわけです。

この日は相当知的好奇心と感性が満足したからか、
まさかの夜ご飯を覚えていない。という状況でした。

私のことなので、食べていないというのはないと思うのですが…
もしかしたら昼のインド料理がまだ効いていたのかもしれませんね。
少なくともコレは飲みました。



湘南レモネードソーダフロート。
シチリア産レモン果汁入り、江の島産の塩入りだそうです。
レモンはシチリアなんやねw
銀座SIXの地下で購入しました。
たくさんお喋りしたので喉が渇いていたようで染み入るおいしさでした!



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2021.11.26 / Top↑